限月に関するメリットがあるオプションバージョンのFX

By: Travis Wise

]投資の業界では、塩漬け状態はあまり良くないと言われています。長らく銘柄を保有してしまいますと、あまり良いことが発生し得ないからです。株などの場合は、そうとは言えない一面があります。あの売買の場合は、基本的には長期保有が前提になる事も多く、塩漬け状態でも大きな利益が発生する可能性はあるのですね。

ところがFXなどの場合は、また話は異なってきます。基本的にその商品は、あまり塩漬け状態は望ましくないとの意見が目立ちます。なぜなら塩漬けにしてしまっていると、かえって損が拡大するとの考えが根強いからです。

とりわけその傾向が顕著なのは、高金利な外貨ですね。数年前に、多くの方々はその外貨を用いて買い玉を保有していました。それで多くの方々に対して、損が生じていたのですね。なぜなら数年前の状況は、外貨の下落が発生していたからです。

外貨が下落をしているタイミングにて、多くの買い玉を保有していれば、当然ながら含み損が拡大してしまうでしょう。それで多くの方々は、困ってしまっていた訳ですね。ですのであの時に長期保有での売買スタイルを行っていた方々は、さぞかし大変だったと思います。

ところがあの下落のタイミングにて、長期保有では無く短期での売買を行っている方も、少なからず見られました。そのような方々の場合は、それほど大きな損失を受けていなかったのだそうです。むしろ利益率が上昇していたようですね。

それを考えれば、短期での売買はある意味良い一面があるのです。ちなみにFXに類似している商品の1つに、オプション取引があります。あれは一定期間が経過すると、強制的に損切りになるシステムになっています。いわゆる限月が存在する商品の1つなのですが、あれは理にかなっているのですね。一定期間が経過すれば強制的に決済される訳ですから、あまり長い間玉を保有せずに済むでしょう。そのため損失額を小さくしたいと思うのであれば、オプション取引を検討するのも一法です。