真夜中に大きな動きが生じるので指値を仕込む

By: Akulatraxas

FXの外貨を見てみると、一定の特徴が見えてくる傾向があります。たいていの外貨は、真夜中に大きな動きが発生する事が多いのですね。昼間の時間帯にもある程度の動きが生じる事は多いですが、どちらかと言えば夜中に大きな動きが生じる事が多い訳です。その理由は、恐らくヨーロッパ勢の方々ですね。

日本人とヨーロッパの方々は、根本的にやり方が異なっている一面があります。まず前者の日本人の方々は、いわゆる買い玉を保有するケースが大変多いのです。スワップ金利などを目的に、買い玉を保有する方々なども、今なお非常に多く見られます。またデイトレなどで売買をしている方々も、やはり買い玉を保有しているケースが多い訳ですね。

ところがヨーロッパの方々の場合は、どちらかと言うと空売りを仕掛ける傾向があります。日本人のように買い玉を保有しているヨーロッパのトレーダーは実はあまり多くありません。そしてヨーロッパの方々がマーケットに参加をするのは、主に夜中の時間帯になりますので、真夜中に大きな動きが生じる事も多いと言われています。

そして売り玉の場合は、一気に大きな動きが発生する傾向があるのです。昼間の時間帯は買い玉が集中する事により、あまり相場が大きく動かない傾向があります。ですが売りの場合は、また話は異なってくる訳ですね。ヨーロッパの方々はその売りの早さに関して大きな魅力を感じているので、そのタイプの玉を保有しているケースが多いと言われています。

ですのでFXで売買をするならば、ちょっと真夜中に着目をしてみるのも一法だと思うのですね。夜中に大きな動きが発生する可能性があるのですから、売りに関わる指値をいくつか仕込んでおくと良いでしょう。もちろんロスカットの注文なども、同時に行っておくべきなのは言うまでもありません。それだけでも、FXでの利益率は大きく変わってくると思います。夜中をチャンスと考えるか否かで、売買の成績も変わるのではないでしょうか。

南アフリカランドと米ドルがおすすめの主な理由

By: aotaro

FXでの売買に関心を抱く方々は、たまにおすすめの外貨を知りたいと考えています。初心者の方々は、そもそもどれを選べば良いか困惑をしているケースが多々あるのです。FXで選ぶことができる外貨の数は、そもそも非常に多いですね。ですのでプロのトレーダーの方々から、どのような外貨がおすすめなのかを、インターネットで質問をしている方々もたまに見かけます。

私は個人的には、2つの外貨が良いと考えています。まず米ドルなどは賢明な選択肢の1つだと思いますね。米ドルのメリットですが、まず情報量に関する点は見過ごすことができません。その外貨の場合は、非常に多くの情報を得られるので、やりやすい一面があるのですね。

ところがマイナーな外貨となると、情報量が不足してしまう傾向があるので、なかなか売買がやりづらくなるケースも珍しくありません。情報が豊富という意味では、やはりそのアメリカの通貨は個人的にはおすすめですね。

それともう1つおすすめの外貨があって、南アフリカランドなども悪くないと思います。それを勧める理由の1つは、まずは金利が高めに設定されている点です。

現在の日本の銀行の金利は、ご存知のようにあまり高い状況ではないので、外貨の金利に興味を覚えている方々も大変多いですね。そして南アフリカランドの場合は、数ある外貨の中でもかなり高めになっています。まずその高さの意味で、南アフリカランドはおすすめなのですね。

それともう一つ見過ごすことができないのが、その外貨の証拠金の低さです。上記のような米ドルの場合は、実は証拠金などはそこそこ高めになる一面があります。と言うのも現在の米ドルのレートは、120円台になっているのですね。それに対してそのアフリカの外貨の場合は、レート自体が非常に低くなっています。相対的に証拠金が低くなる訳ですから、保有するハードルが低めになっています。ですので、かえって売買しやすい一面がある訳ですね。このような理由から、FXの初心者の方々には、南アフリカランドもしくは米ドルがおすすめです。

限月に関するメリットがあるオプションバージョンのFX

By: Travis Wise

]投資の業界では、塩漬け状態はあまり良くないと言われています。長らく銘柄を保有してしまいますと、あまり良いことが発生し得ないからです。株などの場合は、そうとは言えない一面があります。あの売買の場合は、基本的には長期保有が前提になる事も多く、塩漬け状態でも大きな利益が発生する可能性はあるのですね。

ところがFXなどの場合は、また話は異なってきます。基本的にその商品は、あまり塩漬け状態は望ましくないとの意見が目立ちます。なぜなら塩漬けにしてしまっていると、かえって損が拡大するとの考えが根強いからです。

とりわけその傾向が顕著なのは、高金利な外貨ですね。数年前に、多くの方々はその外貨を用いて買い玉を保有していました。それで多くの方々に対して、損が生じていたのですね。なぜなら数年前の状況は、外貨の下落が発生していたからです。

外貨が下落をしているタイミングにて、多くの買い玉を保有していれば、当然ながら含み損が拡大してしまうでしょう。それで多くの方々は、困ってしまっていた訳ですね。ですのであの時に長期保有での売買スタイルを行っていた方々は、さぞかし大変だったと思います。

ところがあの下落のタイミングにて、長期保有では無く短期での売買を行っている方も、少なからず見られました。そのような方々の場合は、それほど大きな損失を受けていなかったのだそうです。むしろ利益率が上昇していたようですね。

それを考えれば、短期での売買はある意味良い一面があるのです。ちなみにFXに類似している商品の1つに、オプション取引があります。あれは一定期間が経過すると、強制的に損切りになるシステムになっています。いわゆる限月が存在する商品の1つなのですが、あれは理にかなっているのですね。一定期間が経過すれば強制的に決済される訳ですから、あまり長い間玉を保有せずに済むでしょう。そのため損失額を小さくしたいと思うのであれば、オプション取引を検討するのも一法です。