FX自動売買のメリットとは

By: Arend

FX自動売買は、全く「感情や勘」といったものを介入させない手法のことを指します。その名の通り、システマティックに売り買いを行うものですが、そこに必要なのは有効に機能するシステムに基づいているのかとういうことになります。たとえば啓発本やハウツー本などはよく売れるカテゴリーに入りやすいものですが、なぜ売れるのかの背景には「成功例に準じる」「過去に学ぶ」といったことが存在しています。

要するに「成功する確率を上げる作業」になります。すべてが「勝ち」にはなりませんが、勝ちを大きく、負けを小さくするには、この「確率を上げる作業」が必要不可欠です。啓発本やハウツー本は、それには大変有効です。FX自動売買も同様で、過去利益を出した際にはどういうことで、もしくはどういう時に、またはどういった現象が現れている時に買い、売ったことで成果が上がったのかの経験があるものです。

もちろん「偶然」や「イレギュラーヒット」はありますが、それはほんの一握りです。何らかのルール付けは可能です。この「利益が上がったパターン」を広く収集し、分析すると、そのルールが見えてくるでしょう。あとはそのルールに基づいて売り買いを繰り返せば、常勝に導かれます。これがFX自動売買です。

自分自身がそれだけの経験値をもっていればいいのですが、始めたばかりの人は、勝った経験も負けた経験も少なく、パターン化できるところまでには至っていません。そういった時には、他者が構築したシステムを使って実践し、それが自分に合っているのか否かを判断することになります。

会のサインが出れば買い、売りの際が出れば売る、これをただ黙々と繰り返します。自分に合っているのかの判断で、実際に売り買いを行うと、自分の期待値までに至らない方法に、投資をすることになります。そこである程度の判断は、シミュレーションを使って行うのがおすすめです。その結果から、実践で何を用いるのかを決定し、実際に投資を始めるのが良いでしょう。

FX自動売買の利点について

By: Newtown grafitti

FX自動売買とは、株式の売買やFX取引の注文をプログラムによって自動的に行えるようにしたものです。自分なりのトレードルールを設定している場合には、簡単に移行することができます。また対応する証券会社なども増えているので、今や多くの人が活用するものとなります。

利点としては、相場に張り付く必要が無いので自分の時間を有効に使えることです。日中に仕事のあるサラリーマンも、FX自動売買を利用することで投資活動を行えることになります。そして必要なこととしては、その取引履歴を調べてシステムの見直しをする程度のことになります。

利益率を高めるようにFX自動売買のアルゴリズムを手直しすることが、新たな投資のスタイルとなるわけです。今や機関投資家は多くがこのFX自動売買を採用しています。そして常時相場の動きに適合するようにシステムの手直しを行っているわけです。そのために、これまで通用していた取引ルールが上手く機能しなくなるといった経験は、誰もが覚えがあるものとなるわけです。

そこで一般投資家としても、このシステムを導入することにより、相場の動きに対応できるアルゴリズムに修正しながら運用するようにできるものとなります。もちろん、そのルール作りには大切なことがあります。相場が急激に見込みと逆に動くような時には、迅速に損切りできるような条件を入れておくことです。反転を待つ間に損失が膨らみ、結局大きな損失を確定するような事態とならないようにするためです。

機関投資家のシステムは非常に協力なので、動きが早すぎて損切りも遅くなる場合が多々あります。そのために成り行きで注文を出しておくことは鉄則となります。あとは資金を目一杯使ってしまうことのないように、資金管理をしっかりと行うことです。また、相場の動きを見ていると、どうしても裁定で注文を出したくなるものですが、注文はシステムに任せることをルールとして徹底することが大切です。

FX自動売買の運用での注意点とは

By: valentin.d

株式や通過の取引を自動で行うFX自動売買が人気を集めています。多くの証券会社がそれぞれの独自性を出しながらも対応していることにより、一般の投資家も手軽に利用できるようになったのです。そのFX自動売買を行うにあたり、注意すべきこともあります。まずは自分が普段行っている取引をルール化する必要があります。

価格がどのように動いた時に買いや売りの注文を出すのか、細かく設定する必要があります。そしてその際には、損切りのルールを厳しく設定しておくことも大切となります。できれば成り行き注文を出して確実に約定するようにしたいところです。相場の動きが速い場合には、玉を切ることなく損失を膨らませる危険性もあります。

けれどもこの設定をしっかりと行っておくことにより、これまではつい含み損を抱えたままホールドしてしまうことを防ぐことができるようになります。相場の動きが予測とは逆に動いている時は、反転することを期待してなかなか損失を確定した手仕舞いができないものです。けれとも実際には、そのような状態から持ち直して利益とすることは非常に少ないものです。

FX自動売買はそのような確率的な考え方で利益を出せるアルゴリズムを考えることができるようになるものです。逆に、そのような発想で取り組まなければ利益を出すことは難しいものとなります。そのために、投資経験の全く無い人がFX自動売買を行うことで利益を出し続けることができるケースが多いわけです。

相場観に頼らずに純粋に取引ルールの検証に労力を費やすことで、相場の動きに適応したアルゴリズムを構築することができるわけです。純粋に売買プログラムが上手く機能するように、細かく取引履歴の分析と検証を行う作業を続ける人が、利益を出すことが可能となるのです。

今までとは全く異なるアプローチによって行う取引のスタイルに上手く適応することができれば、FX自動売買を上手く活用することができるわけです。

真夜中に大きな動きが生じるので指値を仕込む

By: Akulatraxas

FXの外貨を見てみると、一定の特徴が見えてくる傾向があります。たいていの外貨は、真夜中に大きな動きが発生する事が多いのですね。昼間の時間帯にもある程度の動きが生じる事は多いですが、どちらかと言えば夜中に大きな動きが生じる事が多い訳です。その理由は、恐らくヨーロッパ勢の方々ですね。

日本人とヨーロッパの方々は、根本的にやり方が異なっている一面があります。まず前者の日本人の方々は、いわゆる買い玉を保有するケースが大変多いのです。スワップ金利などを目的に、買い玉を保有する方々なども、今なお非常に多く見られます。またデイトレなどで売買をしている方々も、やはり買い玉を保有しているケースが多い訳ですね。

ところがヨーロッパの方々の場合は、どちらかと言うと空売りを仕掛ける傾向があります。日本人のように買い玉を保有しているヨーロッパのトレーダーは実はあまり多くありません。そしてヨーロッパの方々がマーケットに参加をするのは、主に夜中の時間帯になりますので、真夜中に大きな動きが生じる事も多いと言われています。

そして売り玉の場合は、一気に大きな動きが発生する傾向があるのです。昼間の時間帯は買い玉が集中する事により、あまり相場が大きく動かない傾向があります。ですが売りの場合は、また話は異なってくる訳ですね。ヨーロッパの方々はその売りの早さに関して大きな魅力を感じているので、そのタイプの玉を保有しているケースが多いと言われています。

ですのでFXで売買をするならば、ちょっと真夜中に着目をしてみるのも一法だと思うのですね。夜中に大きな動きが発生する可能性があるのですから、売りに関わる指値をいくつか仕込んでおくと良いでしょう。もちろんロスカットの注文なども、同時に行っておくべきなのは言うまでもありません。それだけでも、FXでの利益率は大きく変わってくると思います。夜中をチャンスと考えるか否かで、売買の成績も変わるのではないでしょうか。

南アフリカランドと米ドルがおすすめの主な理由

By: aotaro

FXでの売買に関心を抱く方々は、たまにおすすめの外貨を知りたいと考えています。初心者の方々は、そもそもどれを選べば良いか困惑をしているケースが多々あるのです。FXで選ぶことができる外貨の数は、そもそも非常に多いですね。ですのでプロのトレーダーの方々から、どのような外貨がおすすめなのかを、インターネットで質問をしている方々もたまに見かけます。

私は個人的には、2つの外貨が良いと考えています。まず米ドルなどは賢明な選択肢の1つだと思いますね。米ドルのメリットですが、まず情報量に関する点は見過ごすことができません。その外貨の場合は、非常に多くの情報を得られるので、やりやすい一面があるのですね。

ところがマイナーな外貨となると、情報量が不足してしまう傾向があるので、なかなか売買がやりづらくなるケースも珍しくありません。情報が豊富という意味では、やはりそのアメリカの通貨は個人的にはおすすめですね。

それともう1つおすすめの外貨があって、南アフリカランドなども悪くないと思います。それを勧める理由の1つは、まずは金利が高めに設定されている点です。

現在の日本の銀行の金利は、ご存知のようにあまり高い状況ではないので、外貨の金利に興味を覚えている方々も大変多いですね。そして南アフリカランドの場合は、数ある外貨の中でもかなり高めになっています。まずその高さの意味で、南アフリカランドはおすすめなのですね。

それともう一つ見過ごすことができないのが、その外貨の証拠金の低さです。上記のような米ドルの場合は、実は証拠金などはそこそこ高めになる一面があります。と言うのも現在の米ドルのレートは、120円台になっているのですね。それに対してそのアフリカの外貨の場合は、レート自体が非常に低くなっています。相対的に証拠金が低くなる訳ですから、保有するハードルが低めになっています。ですので、かえって売買しやすい一面がある訳ですね。このような理由から、FXの初心者の方々には、南アフリカランドもしくは米ドルがおすすめです。

限月に関するメリットがあるオプションバージョンのFX

By: Travis Wise

]投資の業界では、塩漬け状態はあまり良くないと言われています。長らく銘柄を保有してしまいますと、あまり良いことが発生し得ないからです。株などの場合は、そうとは言えない一面があります。あの売買の場合は、基本的には長期保有が前提になる事も多く、塩漬け状態でも大きな利益が発生する可能性はあるのですね。

ところがFXなどの場合は、また話は異なってきます。基本的にその商品は、あまり塩漬け状態は望ましくないとの意見が目立ちます。なぜなら塩漬けにしてしまっていると、かえって損が拡大するとの考えが根強いからです。

とりわけその傾向が顕著なのは、高金利な外貨ですね。数年前に、多くの方々はその外貨を用いて買い玉を保有していました。それで多くの方々に対して、損が生じていたのですね。なぜなら数年前の状況は、外貨の下落が発生していたからです。

外貨が下落をしているタイミングにて、多くの買い玉を保有していれば、当然ながら含み損が拡大してしまうでしょう。それで多くの方々は、困ってしまっていた訳ですね。ですのであの時に長期保有での売買スタイルを行っていた方々は、さぞかし大変だったと思います。

ところがあの下落のタイミングにて、長期保有では無く短期での売買を行っている方も、少なからず見られました。そのような方々の場合は、それほど大きな損失を受けていなかったのだそうです。むしろ利益率が上昇していたようですね。

それを考えれば、短期での売買はある意味良い一面があるのです。ちなみにFXに類似している商品の1つに、オプション取引があります。あれは一定期間が経過すると、強制的に損切りになるシステムになっています。いわゆる限月が存在する商品の1つなのですが、あれは理にかなっているのですね。一定期間が経過すれば強制的に決済される訳ですから、あまり長い間玉を保有せずに済むでしょう。そのため損失額を小さくしたいと思うのであれば、オプション取引を検討するのも一法です。